お知らせ Information

【求職者動向】8月3週目以降~は長期勤務のニーズ増!

8月前半は、学生が夏休み中に働ける短期のアルバイトを探す傾向があります。

8月中旬になると、属性を問わず年末に向けてお金を増やしたい人も増加していき

9月以降に働ける長期のバイトを探し始める人が多いようです。

 

各ユーザー属性の動きとしては、

高校生は、8月末から新学期が始まるため、短期のバイトや即日勤務可能のバイトを探す高校生が多いです。

シフト調整等で学業との両立が可能などのアピールできれば、応募の増加にも繋がる可能性が高まるかと思います。

 

高校生以上の短大・専門・大学生・大学院生は、夏前半は夏休みの間にできる短期バイトがダントツで人気があります。

後半は夏休み明けを見越したアルバイト探しが始まるので、授業の合間にできるアルバイトかどうかが大切なポイントになります。

 

フリーアルバイター・パートは、短期・単発バイトや、かけもちができるアルバイトが人気のようです。また、後半は、秋以降に続ける長期バイトを積極的に探す傾向にあります。

主婦・主夫は、子どもが夏休み中で家事が忙しいため、週1〜1日2時間〜働けるアルバイトを探します。

子どもの新学期が始まる後半は、働きに出れる時間が多くなるので、仕事探しが活発化します。夏の後半からは長期アルバイト採用につなげるチャンスが到来します。

 

狙い目はお盆明けが最大のチャンスです!

お盆が明ける8月3週目に求人掲載しておくのが非常に重要なポイントになります。

秋になると、応募数も増えますが求人掲載件数も激増してしまいます。

 

現状なかなか応募が来ないでに困っている、9月までにはなんとか数名採用したい!

そんなお客様は、お盆明けの8月3~4週目には、必ず採用活動を開始しているように

スケジュールをおすすめください!

ターゲットのねらい目はなんといっても主婦です!!

大学生は9月もまだまだ夏休み。

本格的に仕事を探し始めるにはまだもう少し時間がかかります。

秋以降を見据え、長期で働ける仕事を探し始めるフリーターもねらい目ですが、

この時期もっとも求職ニーズが高まるのが、主婦・主夫層です!!

子供の夏休みが終わってからの仕事を、お盆明けから積極的に探しはじめますので

ぜひ、ターゲットを主婦主夫に絞った採用活動もご提案してみてください!!

  • オリジナルデザイン
    オリジナルデザイン制作
  • テンプレートプラン制作
  • 採用専用サイト制作
  • 病院関連サイト制作
  • 簡単更新システム
  • 集客成功事例
  • 印刷物制作
  • 求人広告取扱一覧